契約形態ごとのメリット


不動産会社と、「専属専任媒介契約」や「専任媒介契約」で契約を売り主が行うと、その不動産会社は独占的に物件の売却を行えます。このために、契約期間内であれば、積極的に売ろうと、インターネットや紙面で広告活動を行うことが多いために、買い手にアプローチしやすいです。
しかし不動産会社1社のみで販売活動を行うために、広く物件を知ってもらうのは難しいかもしれず、複数の不動産会社と契約を結んだ場合と比べると、なかなか買い手は見つかりにくいかもしれません。

日本地図短期間で多くの人に売却物件を知って欲しい場合や、売り主でも買い主を見つける場合は、一般媒介契約の方が適している契約形態でしょう。
この契約形態では、不動産会社の報告義務がなく、売り主の希望通りに広告活動をしてもらえるかは、その会社次第です。(参照|やさしい一般媒介契約

短期で早く売りたいのか、時間をかけても良いのかでも、選択できる契約形態は変わってくるでしょう。
しかし確実に家を売るならば、不動産会社に家を売るという方法もあります。この場合は、買取価格は買い主を探す場合よりも若干安くなりますが、早く家を売りたい人にはおすすめです。家を売るときの方法の1つとして、考慮しておくと売却時の選択の1つとなるかもしれません。


家を売るなら契約形態がある


家を売る場合は、不動産会社を仲介者として、買い主を探すのが普通であり、不動産会社と媒介契約を結びます。
その媒介契約には、

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約
  •  
    と3つあります。(参照|専属専任媒介VS専任媒介VS一般媒介

    家専属専任媒介契約とは、仲介を依頼する不動産会社を1社だけ選び、媒介契約を結ぶ方法です。
    専属で1社だけが仲介者となり、売り主から依頼された物件を独占して販売できます。
    その一方で、1週間に1度は、売り主に販売活動状況を報告しないといけないという義務もあります。
    そして不動産会社は、5営業日以内に不動産指定流通機構に依頼された物件を登録しないとなりません。
    売り主としては、売却を全面的に任せることとなり、売り主が買い手を見つけることはできません。

    専任媒介契約は、こちらも売り主が不動産会社を1社だけ選び媒介契約を結ぶ方法で、専属専任媒介契約と似ています。違うところは、売り主への状況報告は2週間に1度、契約後は7営業日以内に、不動産指定流通機構に依頼された物件を登録します。こちらの契約方法は、売り主も買い主を探せますが、販売活動の広告費など、売り主負担の場合もあります。

    一般媒介契約は、複数の不動産会社と売り主が、媒介契約を結ぶ方法です。不動産会社は売り主への状況報告が必要なく、売り主は買い主を探すこともでき、売り主にとっても、不動産会社にとっても、自由度の高い契約方法です。不動産指定流通機構への登録義務もありません。