不動産売却の流れ


家を売るときは、まずは自分の家がいくらで売れるか、査定を依頼するところから始まります。

自分の家の価値が分からないのに、いきなり不動産会社に行って金額を提示されても、それが適正なのかどうか分かるわけがありません。まずは、きちんと自分の家の相場を調べ、価値を知ることが大切です。

この場合は1社だけでなく、複数の不動産会社に査定を依頼し、総合的に見て、適正額がいくらか算出します。

査定額が決定すれば、売却を仲介してくれる不動産会社を探し、媒介契約を結びます。「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」と、どのように家を売りたいのか考え、契約方法を決めましょう。そして契約が完了すると、不動産会社は販売活動を開始します。チラシや情報誌、ホームページ、レインズ、などで広告活動を行い、買い主を探していきます。

握手購入希望者が見つかると、売却価格や引き渡し時期を決めて、売り主と買い主お互いが合意したら売買契約を結びます
売買契約を結び契約書を交わすことで、売り主と買い主双方に権利が発生しますので、契約書の内容は良く確認しましょう。
契約に違反すると違約金が発生することもあるので、契約について不動産会社に聞いておくと良いかもしれません。
そして、現地で物件確認を行い、決済と引き渡しを行います。

鍵の引き渡しや、不動産会社への報酬支払いを売り主は行い、家の所有権移転登記、場合によっては抵当権の抹消登記も、これは司法書士を通じて行います。